憧れのウエディングドレス!どうやって用意するの?


予算に余裕があるならオーダーメイドで

ウエディングドレスを用意する場合、オーダーメイドで作る方法やレンタルドレスで済ませる方法などがあります。それぞれの方法に長所と短所があるので、本当に自分たちに適した方法を選んでドレスを調達したいですね。オーダーメイドのドレスのいいところは、花嫁の体形にフィットしたドレスを作ってもらえることです。ブライダル用のインナーでシルエットを美しく整えたり、ブライダルエステに通って上半身の引き締めなどをすることもできます。でも、自分のスタイルの欠点をカバーしたり、逆にその特徴を活かしたドレスを作った方が、無理なく自分の魅力を発揮することができるのではないでしょうか。新郎新婦それぞれの故郷や海外などのように、何度も挙式をしたい人にもおすすめです。予算を節約したいなら中古のドレスを買って済ませるという方法もあります。結婚式が終わった後にドレスをどうするかという問題がありますが、ウエディングドレスの買取専門店で売ったり、赤ちゃんのドレスやおくるみなどにリメイクする事も可能です。

レンタルなら予算もかなりカットできる!

他の花嫁が着用したドレスでも抵抗感がない人なら、レンタル用のウエディングドレスがいいですよ。多くの場合、結婚式場と業務提携をしているので、そこからドレスを借りるようにすれば持ち込み料も発生しません。お色直し用のカラードレスも一緒に借りられます。沢山のドレスがストックされているので、これだと思えるようなドレスも必ず見つかるはずです。

鶴岡八幡宮は、人気の湘南・鎌倉エリアにあり、およそ八百年の歴史を誇ります。鶴岡八幡宮で結婚式を挙げれば、格式の高い神前式が叶う他、神社をおとずれる人たちからも温かい祝福がもらえます。